【第33回 フラワーカップ G3 2019年】ラップタイム予想 押さえたい穴馬は!?

投票用紙 競馬予想

こんにちは。Kです。

フラワーカップ2019年

中山芝・右 1800m サラ系3歳オープン (国際) 牝 (特指) 別定

はじめに

フラワーカップって実はあまり思い出になくて・・・

一番覚えているのが去年のファンディーナ。強かったですね。

皐月賞でも一番人気に押されたのですが、皐月賞で勝負になるわけがないと思って無印にしました。なので皐月賞で美味しかったことを一番良く覚えています。
弱いからとか、牝馬だからという理由ではなくて、このフラワーカップでのラップタイムと皐月賞のラップタイムがあまりに違いすぎて適性ではないだろうと。

ラップを見るとそういうことがわかります。

にしてもその後1勝も出来ずに引退しちゃうなんてことは思いませんでしが・・・
もっと強いところを見たかったな。

傾向と有力馬診断

2018年 カンタービレ 1.49.2(上がり35.1)
12.6 – 11.8 – 12.4 – 12.6 – 12.1 – 12.2 – 11.8 – 11.5 – 12.2(テン3F36.8-上がり3F35.5)

2017年 ファンディーナ 1.48.7(34.9)
12.6 – 11.9 – 12.0 – 12.3 – 12.3 – 12.3 – 12.4 – 11.2 – 11.7(36.5-35.3)

2016年 エンジェルフェイス 1.49.3(35.6)12.7 – 11.9 – 12.2 – 12.5 – 12.2 – 12.2 – 11.9 – 11.3 – 12.4(36.8-35.6)

2015年 アルビアーノ 1.49.4(35.4)
12.6 – 11.6 – 12.3 – 12.9 – 12.3 – 12.3 – 12.0 – 11.4 – 12.0(36.5-35.4)

2014年 バウンスシャッセ 1.51.3(36.6)13.0 – 11.8 – 12.3 – 12.5 – 12.5 – 12.2 – 12.5 – 11.9 – 12.6(37.1-37.0)

ラップ的には前半スローで進んで後半加速ラップが入るというのが典型パターン。
しかも前半が相当にゆるい。

どの年を見ても36秒台後半だ。
とはいえそれなりに流れている。

矛盾している表現だが、12秒台後半とか、13秒台でゆったり進んでよーいどんの展開になるわけではない。

重賞らしく引き締まった展開というわけでもなく、かといって新馬戦のようなゆるすぎる展開でもなくというのが傾向。

中心にすべきは中枠の先行馬か。

それなりにゆっくりしたペースで進むので、ラストで先行馬に足が残っているパターンが多く、
直線を向いたところで5番手あたりにいて抜け出すというのが勝ちパターンだ。

本命

◎コントラチェック

デムーロ騎乗のエールヴォアが一番人気想定だったので、もうちょっと美味しいオッズで
買えると考えていたのですが、そこまで甘くないか。

良馬場で見る限り2戦2勝。逃げてもよし逃げなくても良し。
好位から速い上がりを使えるので死角はないと見る。

無理にひねらなくて素直にここからで良いかな。

サフラン賞でも自身より前にいたレッドアネモスを捉えきれず取りこぼしたという感じ。
3着には31/2馬身差を付けており実質勝ちと同評価で構わないと思う。

対抗以下の印と買い目

レジまぐにて公開しています。(100円で提供しています。)

 

 

 

コメント