【報知杯弥生賞(皐月賞トライアル) G2 2019年】ラップタイム予想 押さえたい穴馬は!?

投票用紙 競馬予想

こんにちは。Kです。

弥生賞2019年

中山芝・右 2000m サラ系3歳オープン (国際)(指定) 馬齢

はじめに

弥生賞が行われると一気に皐月賞に向けて気分が高まってきます!

2016年なんかはマカヒキ、リオンディーズ、エアスピネルが3着まで。そのままクラシックを期待させるようなレースで気分も盛り上がりました。

しかし今年は11頭立て。メンバー的にも小粒な感じは否めません。

3着までに、皐月賞の優先出走権が与えられるのでトライアルが盛り上がらないと本番な影響が出ますからねー。

弥生賞に出て権利を取ろうという馬が少ないのはなんだか寂しいなぁ。

傾向と有力馬診断

2018年 ダノンプレミアム 2.01.0 (上がり34.1)
12.5 – 11.0 – 12.5 – 12.8 – 12.7 – 12.4 – 12.8 – 11.7 – 11.0 – 11.6(テン3F36.0-上がり3F34.3)

2017年 カデナ 2.03.2(34.6)
12.4 – 11.4 – 12.8 – 13.2 – 13.4 – 12.7 – 12.3 – 11.9 – 11.4 – 11.7(36.6-35.0)

2016年 マカヒキ 1.59.9(33.6)
12.5 – 10.5 – 11.3 – 12.2 – 13.0 – 12.8 – 12.5 – 12.5 – 11.3 – 11.3(34.3-35.1)

2015年 稍 サトノクラウン 2.01.8(35.7)
12.5 – 11.4 – 12.3 – 12.4 – 12.7 – 12.0 – 12.1 – 12.1 – 11.9 – 12.4(36.2-36.4)

2014年 トゥザワールド 2.01.4(35.7)
12.4 – 11.0 – 12.2 – 12.8 – 12.8 – 11.9 – 11.9 – 12.3 – 11.9 – 12.2(35.6-36.4)

弥生賞は皐月賞トライアルと言いながら実はダービーの方が関連性が深かったりする。

過去の勝ち馬は
ダノンプレミアム(2着ワグネリアン)
カデナ(3着ダンビュライト)
マカヒキ(2着リオンディーズ、3着エアスピネル)
サトノクラウン(2着ブライトエンブレム)
トゥザワールド(2着ワンアンドオンリー)

など

皐月賞とリンクせずにダービーとのリンクが濃いのは、
弥生賞が瞬発力勝負になるからに他ならない。

皐月賞は世代トップクラスの馬が集結して底力を競うレース

一方弥生賞は一線級も出るが、そうでない馬も多数出るため
スローペースになりがち。
スローになった結果、ラストの脚を競う展開になるので、
皐月賞のようなギリギリの底力を競う展開にはならない。

数字で見ると

2018年 12.8 – 11.7 – 11.0
2017年 12.3 – 11.9 – 11.4
2016年 12.5 – 11.3
これらの区間のラップを見ると急激な加速が入っているのがわかる。

皐月賞ではこのような急加速ラップが入らないんですね。そこが両レースの違い。

とレースの傾向を書きましたが、今年はもう一つ2つ考慮しないといけない。

 

それは
11頭立て

ってことですね。それと有力馬に後ろから行くタイプがいないこと。
このあたりを考慮する必要がある。

通常少頭数だとペースが明確に落ちる。
先行争いが激化しないからですね。

ですので、少頭数は当てにくく(人気のない馬が残ったりするので)難しい。
ところが今回は有力馬が軒並みポジションを取りに行く馬ばかり。

そうなるとペースは流れるか。そして後ろ有利の展開になりそう。

例年のように能力的に突出している馬もいないことだし、
後ろ目からいく穴馬に賭けてみることにする。

本命

◎ブレイキングドーン

展開利が受けられそう。福永ジョッキーも安定感という意味では信頼して任せられる。

勝つのは他の馬かもしれないが、馬券内なら充分狙っていける。

対抗以下の印と買い目

買い目は下記からご覧ください。(100円で提供しています)

中山11R 第56回 報知杯弥生賞(皐月賞トライアル) G2
正直、地味です。 ランキング上位の方のように的中実績を派手に喧伝するのもやりたくないですし、キャッチーな文章を書くのも苦手です。 ただ、これは競馬だから、メ...

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。皆さんと一緒に勝てますように。

 

コメント