【第79回 皐月賞 G1 2019年】ラップ理論で穴馬をあぶり出す!◎ランスオブプラーナ

投票用紙競馬予想

こんにちは。Kです。

皐月賞 2019年

中山芝・右 2000m サラ系3歳オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量

はじめに

いよいよ牡馬クラシックの第一弾皐月賞の季節がやって来ました。
桜花賞から宝塚記念まで、競馬ファンにとっては週末が待ち遠しくてたまんないですね。

桜花賞はダノンアレグリア-クロノジェネシスの一点で勝負しました。
結果はシゲルピンクダイヤが2着に割り込み、ワイドだけ的中。
そんなにプラスは出ませんでしたが、皐月賞に向けて幸先のいいスタートが切れたと思います。

皐月賞は荒れるか、堅い。

何アタリマエのことを言ってるんだって感じなのですが、実は訳がありまして、
皐月賞が開催される中山2000メートルはコーナー4つ、短い直線、急坂とトリッキーなコースになっていて、
強い馬が順当に勝つというよりも、適性で能力をカバーできちゃうコースになっています。
ですので、人気の馬、特に前哨戦でカミソリの切れ味で速い上がりを使い勝ったような馬が過剰人気になり飛ぶ。これが良くあるパターンです。

堅いパターンっていうのはそういうコースだとか適性だとか無視しちゃうほど強い馬が出てくるっていうのがクラシック。そういう馬が出てきたときには問答無用で勝ってしまう。
それがドゥラメンテであり、オルフェーブルであり、古くはディープインパクト
こういう馬が生まれるかどうかを見届けるのも皐月賞の楽しみであります。

傾向と有力馬診断

2018年 エポカドーロ 2.00.8(上がり35.1)
12.6 – 11.0 – 11.9 – 11.5 – 12.2 – 11.9 – 12.4 – 12.4 – 12.7 – 12.2 (テン3F35.5-上がり3F37.3)

2017年 アルアイン 34.2(34.2)
12.1 – 10.8 – 12.2 – 11.7 – 12.2 – 12.4 – 11.9 – 11.4 – 11.4 – 11.7 (35.1-34.5)

2016年 ディーマジェスティ 1.57.9(34.0)12.0 – 10.7 – 11.5 – 11.7 – 12.5 – 11.5 – 12.4 – 12.2 – 11.6 – 11.8 (34.2-35.6)

2015年 ドゥラメンテ 1.58.2(33.9)
12.5 – 10.7 – 12.0 – 11.8 – 12.2 – 12.2 – 12.1 – 11.7 – 11.4 – 11.6 (35.2-34.7)

2014年 イスラボニータ 1.59.6(34.6
12.3 – 11.4 – 11.9 – 11.9 – 12.7 – 12.1 – 12.0 – 11.6 – 11.7 – 12.0 (35.6-35.3)

昨年2018年はアイトーン、ジュンヴァルロ、ジェネラーレウーノがバカみたいなペースでレースを引っ張り自滅(ジェネラーレウーノはその中でも粘り込んだので相当強かったですね。)
恩恵を受けたのが4番手で楽に追走していたエポカドーロ。あの位置から上がり2番手で上がるのですから、後方待機組の出番はなかったですね。
ステルヴィオ、キタノコマンドール、グレイルなんかもよく追い込んだのですが、届きませんでした。

去年はそういった特殊な展開でしたが、それを除いても皐月賞は流れる。澱まずに流れる。
各年のラスト5ハロンだけで良いのでラップを見てほしいのですが、急加速が入ったときは一つもありません。
強いてあげるならディーマジェスティの勝った年の【12.2 – 11.6– 11.8 】この部分くらい。
そしてラスト1ハロン必ず垂れる(急坂の影響もあり)、前半と後半を比べてもフラットまたはハイペース(前半のほうが速い)。

ですので、前走速い上がりを使って瞬発力戦を制したような人気馬は疑ってかかるべきでしょう。

ダービーは「最も運のある馬が勝つ」、三戦目の菊花賞は「最も強い馬が勝つ」と言われるのに対し、皐月賞は「最も速い馬が勝つ」と言われていますが、現代においては嘘ですね。
皐月賞は最も持続力のある馬が勝つ
が正しいでしょう。以下に最後までバテずに戦えるかがポイントで切れる脚を持っている必要はありません。

皐月賞はこのような傾向がありますが、上にも書いたとおり、そんなことは無視できるくらいの能力を持った馬が出走してくるのがクラシック競走です。
何年かに一度、適性の異なる3大クラシック競争(皐月賞・ダービー・菊花賞)をまとめて取っちゃうようなスーパーホースがいます。

そして今年、その可能性がある馬が出走します。

その馬は言わずとしれたホープフルステークスの優勝馬サートゥルナーリア
怪物級の馬の可能性があり、少なくとも能力的には今年の3歳馬の中で一枚も二枚も上でしょう。

本命

◎ランスオブプラーナ

サートゥルナーリアが強い。勝つ可能性が高いのは分かってますが、なら皐月賞は買う必要のないレース。

単勝1.8倍で突っ込むほど堅いとは思ってません。

ダノンキングリーは展開にケチがつく(瞬発力特化で皐月賞には合わない)

となると思い切って穴から狙ってみたい

対抗以下の印と買い目

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。皆さんと一緒に勝てますように。

コメント

  1. Fetase より:

    どうもありがとうございました!