【ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス G3 2019年】ラップタイム予想 押さえたい穴馬は!?

投票用紙 競馬予想

こんにちは。Kです。

中山牝馬ステークス 2019年

中山芝・右 1800m サラ系4歳以上オープン (国際) 牝 [指定] ハンデ

はじめに

傾向と有力馬診断

2018年 カワキタエンカ 1.49.0(上がり35.4)
12.5 – 12.1 – 12.3 – 12.3 – 12.1 – 12.3 – 12.0 – 11.5 – 11.9(テン3F36.9-上がり3F35.4)

2017年 トーセンビクトリー 1.49.4(34.5)
12.9 – 12.3 – 12.6 – 12.4 – 12.2 – 12.1 – 11.8 – 11.3 – 11.8(37.8-34.9)

2016年 シュンドルボン 1.50.3(34.5)
12.8 – 12.7 – 12.9 – 13.1 – 12.2 – 11.5 – 11.8 – 11.6 – 11.7(38.4-35.1)

2015年 バウンスシャッセ 1.47.5(35.0)
12.6 – 12.0 – 11.5 – 11.5 – 11.6 – 11.9 – 12.4 – 11.8 – 12.2(36.1-36.4)

2014年 フーラブライド 1.48.5(35.1)
12.7 – 11.4 – 11.8 – 12.3 – 12.2 – 12.0 – 12.0 – 11.7 – 12.4(35.9-36.1)

 

中京1800は上り坂からスタート。コーナーまでも長くないのでテンは速くなりにくい。
にしてもゆっくりだなあ・・・

2016年なんて37.8、2016年はもっと遅くて38.4。

これだけ遅いと後方組にはとても厳しく
先行馬に十分余力が残っているため、前からでも速い上がりを使えることになるので
後ろからでは届かないのだ。

4コーナーを回ったところで、1ケタ順にいる必要がある。
先行有利というのがこのレースの特性かと思う。

後方組でも早めにまくっていくことが必要で、直線だけで一気に差し切るのは出来ないと言っていいだろう。

つまり先行か、後方なら良い脚を長く使えるタイプが好走するのがこのレース。

 

今年も同じような展開になるだろうか。

NO

かと思う。

何故か?
有力馬が軒並み前に行く馬だからだ。

1番人気はミッキーチャーム。
秋華賞ではアーモンドアイの末脚一閃に手も脚も出なかったが、ラスト200メートルまではもしかしたらと思わせてくれるような逃げっぷり。
ここでも有力だろうか。

秋華賞以来の競馬で次を見据えた器用だろうから、メイチは望めないだろう。

2番人気ノームコアも前走こそ派手に出遅れたので今回も後方待機を選択する可能性はあるが、
基本的には前に行く馬。

3番人気アドマイヤリードは後ろかな。

 

6番人気ではあるが、ランドネも必ず逃げてくるだろう。
ミッキーチャームとランドネが競う形になる。

このように今年は先行争いが激化して最初からペースが上がると思う。

つまり後方組にチャンスが回ってくるということだ。

本命

◎レイホーロマンス

人気薄だが狙ってみたい。
去年のこのレース3着。斤量は52キロを背負ってのものだ。
今年は51キロになるので、同じ走りが出来れば去年並み以上の結果が期待できる。

当然斤量だけでチョイスしているわけではなくて、
展開もこの馬に向くはず。

ステップレースの愛知杯。
2018年は51キロで 2.00.2。2019年は52キロで2.00.5。コンマ3秒しか変わっておらず、
加齢による衰えはないはずだ。

一発期待できないかな。

対抗以下の印と買い目

対抗以下と買い目は下記からご覧ください(100円で提供しています。)

 

中山牝馬ステークス予想(レジまぐ)

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。皆さんと一緒に勝てますように。

 

コメント