【第33回 中日スポーツ賞ファルコンステークス G3 2019年】ラップタイム予想 押さえたい穴馬は!?

投票用紙 競馬予想

こんにちは。Kです。

中日スポーツ賞ファルコンステークス 2019年

中山芝・左 1400m サラ系3歳オープン (国際)(特指) 別定

はじめに

去年はミスターメロディ(3番人気)を軸にして取ったレース。
ミスターメロディはずっとダートを走ってきて初芝だったんですが、
芝適性の高いところを見せてくれて快勝。馬券も快勝でした。

基本的にはダート→芝替わりは狙いにくい。
ダートを走っている馬ってズブかったりしてシュン!とした脚を使いにくかったりする。

芝にくると全然だったという馬の方が多いんじゃないかな。
なので人気をしていると消したほうが妙味が出るのは一つのポイントかな。

僕は積極的に消していきます。

ただし、人気がないときは別。激走するのも初芝出走だったりしますので、
人気薄なら積極的に狙っていきます。

なんか当たり前のことを書いていますが、実はこれが一番難しかったりする。
人気馬だとどうしても印を消すのが怖くて、抑えで買ってしまったり、
人気薄だと軸にするのが怖くて抑えで買ってしまったり。

思い切って消すか軸にすることが回収率を上げるポイントだったりします。

傾向と有力馬診断

2018年 ミスターメロディ 1.22.1(上がり34.7)
12.4 – 11.1 – 11.4 – 11.7 – 11.8 – 11.7 – 12.0(テン3F34.9-上がり3F35.5)

2017年 コウソクストレート  1.21.1(34.4)
12.0 – 10.8 – 11.2 – 11.8 – 12.1 – 11.4 – 11.8(34.0-35.3)

2016年 不良 トウショウドラフタ  1.25.0(38.5)
11.9 – 10.5 – 10.9 – 12.0 – 13.1 – 13.0 – 13.6(33.3-39.7)

2015年 稍重 タガノアザガル  1.22.9(36.7)
12.0 – 11.0 – 11.4 – 11.6 – 12.0 – 12.1 – 12.8(34.4-36.9)

2014年 タガノグランパ 1.21.2(35.0)
11.9 – 10.3 – 10.8 – 11.9 – 12.2 – 11.8 – 12.3(33.0-36.3)

もう典型的に前傾ラップの傾向。どの年を見ても前半が後半より遅かった年はない。

2016年のトウショウドラフタが勝ったときのラップは異常だが
(重馬場なのに前半33.3、上がりが39秒とか1400ではありえない数字で、バテバテのゴール)
それ以外は概ね同じような傾向に収まっている。

そして最後の直線でも急加速ラップを見せることなく、瞬発力を問われるレースでもない。

スピードの持続力、そして溜めなくても切れる脚が必要なレースなのだ。

溜めて後半に弾けるというタイプではなくて、ある程度流れる中でもしぶとく伸びてくるような上がりを使える馬。こういう馬が勝ち馬のイメージだろう。

そういう意味では1400展開に素直にマッチするので、1400で実績を残してきた馬からチョイスしたいところだ。

ヴァッシュモン

素直にこの馬からでも問題ないようには思う。
ある程度人気が割れていて一本かぶりしていないので、オッズも悪くない。

前走は1600だがラップも悪くない。
でもどうしても溜めたほうが切れるタイプに映るんですよね・・・

ここは直感を信じて対抗までにしたい。

ダートから参戦の2頭

ジャパンスウェプト

グルーヴィット

この二頭は去年のミスターメロディの印象もあって売れているが、
未知(悪い意味で)の部分が多く、人気なら消すか、軽い印に留めていきたいと思う。

本命

◎ハッピーアワー

大外枠が気がかりではあるが。

前走は出負けして後方から。こういう競馬は合わないのだと思う。
瞬発力でどうこうなる馬ではないので。

また、距離も1600は少し長かったか。

今回は好位に付けてくるだろう。
スタートが鍵だが大外からすんなりかぶせていけるような展開になれば、
馬券に絡む可能性は高いと思う。

ポジションを取れなければ試合終了だとは思うが、吉田ならなんとかうまく乗ってくれると思う。

 

対抗以下の印と買い目

レジまぐにて公開しています。(100円で提供しています。)


 

 

コメント