K式 勝てる馬券の買い方(上級者向け・平場編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コラム

こんにちは。Kです。

K式 勝てる馬券の買い方(経験者向け・勝負レース編)

上記では、私が勝負レース(主に重賞)で勝っている方法を紹介しました。

今回は上級者向けにお勧めの馬券術を紹介したいと思います。

上級者というのは経験が長い人のことではなく、競馬を生業やバイトにしたいと考えている人です。

勝つためには人気馬を軸にしてはいけない。このことを身に染みてわかっている方にすすめたい方法です。

超回収率重視

の買い方になります。トータルの回収率大幅アップ間違いなし。です。

まとめ

  • 印は原則として3頭
  • 攻守兼用の超回収率重視馬券術
  • 上級者限定でおススメ

買い方

◎単勝 2000円

◎複勝 5000円

◎→○馬連 1000円

◎→○ワイド1500円

◎→○→▲三連複500円

計10000円です。

理由

考え方

まず印を極限まで絞り込むということが必要になります。

的中率は自然と下がるので、その部分は高配当と試行回数を増やすことによる収束でカバーします。

言いかえると、ヒモを沢山購入して当たる確率を上げることと、レース数を増やして当たる確率を上げることは概ね同じ意味になります。

印を極限まで絞り込む理由は、ハズレ馬券を買わないためです。
例えば馬連流しで5点に流した場合、当然のことながら4点は確実に外れます。

この馬かこの馬が来るかもしれないということで買い目の点数はどんどん増えていくわけですが、
買い目が増えるということは払い戻しが減ることとイコールなのです。

印は極限まで絞ります。馬連ワイドは相手は一頭です。三連複は相手二頭。

そんなに絞ったら当たらないじゃないか?

と思われるかも知れないですね。実はそんなことはありません。

馬券を単複を中心に組み立て、投資額の70%を単複に分配します。

単勝

単勝は2000円

単勝を基本形として単勝がヒットすれば複勝と合わせて最低限投資額の倍、うまくいけば3倍になることを狙います。

ここで大切なのは軸選び。

単勝オッズ5倍から10倍をイメージしてください。

当然ながら単勝2倍、複勝1.2倍の馬を軸にしていては回収率は見込めません。

回収率を上げるためには徹底して人気の集中してる馬は嫌っていき、激走する可能性のある中穴から大穴をヒットさせることが大切です。

逆に人気馬が堅いと思われるレースでは、参加しない(ケン)することになります。

ちょっとしたことのようですが、参加しないレースを作るということは馬券で勝つためにとても重要なことになります。

人気馬が堅いと思うときには見送る。人気馬が飛ぶ可能性のあるときに馬券を買いましょう。

 

複勝

複勝は5000円。多少上下しても構わないです。

大切なのは複勝が当たればプラスになる買い方をすること。

そもそも3番人気から10番人気を買うことが多いですから、複勝でしっかりと的中率を稼ぐことは大切です。

1番やったらダメなのは、人気薄の軸馬をヒットさせてるのにヒモ抜けすること。相手5頭も買っておいてヒモ抜けする。良くあることですが、資金的にもメンタル的にも、軸が来ればしっかりプラスにする。これが重要です。

馬連

馬連は1000円。一点買いにします。

馬連とワイドを一点買いにするというのが、実はこの馬券術のキモになります。

例えば馬連流し相手五頭として、ぶっちゃけ当たりますか?当たる方はもちろん今の馬券術が正しいのでそうしてください。

今これを読んでくださってる方は、当てたい、勝ちたいといい方法を探してる方のはずなので、続きを読んで頂けるかと。

五頭程度に流すとき、馬券になりそうな馬を何頭か印をつけて、そこから五頭に絞り込むという作業になってるはずですね。

この馬券になりそうなというのが、曲者で、馬券になりそうと考えると、どんな人が予想しても二、三頭になることはないです。例外的にそんなレースもありますけどね。

なぜなら、基本的に同じレベルの馬が走っているので、馬券になる理由を探したら理由があるに決まってるからです。

大切なのはそこからいかに絞り込むかと言うこと。一頭に絞り込まないといけないと思うと、必ず見えてきます。前走負けた理由、勝った理由が明確で、今回は走るぞ。と言う馬が。

軸馬は中穴になることが多いですが、相手は人気サイドになるケースは多いですね。

軸も相手も穴、結果的にそうなることもありますが、概ね人気サイドに好走するだけの理由がある馬が一頭います。

絞り込む大切さとメリットが一点買いにはあります。

 

そして、もうひとつ。

例えば五頭に流したとき、確実に4点は外れるということです。これがダメならあれが来るかもというメリットが流し馬券にはありますが、その代償として、配当金が5分の1になります。

これは実は大きくて、馬連20倍なら1000円賭けていれば2万円。当然400円なら8000円です。

5点買いをするのであれば、1点買いを5レースするのです。

現実はそこまで甘くないですが、理論的には5レースやれば5回的中する可能性があります。現実には2回的中は狙えます。

上級者を自称する段階になれば、ある程度の精度が出てるはずなので、明らかに5レースに分散する方が回収率は上がります。

ワイド

ワイドは2000円

馬連の紛れをカバーするためにワイドを利用します。

競馬はどんなに精度を上げても偶然の要素が大半です。

予想がバチバチに正しくても展開の綾で1頭くらい紛れ込んできます。

今まではこれを馬連多点数買いでカバーしていたと思いますが、ワイドでカバーするほうが効率的です。

何故なら、予想が正しければ紛れがあるとは言え、選んだ馬は上位に来ます。

来るかもしれない。という自信の持てない馬を買い目に加えるよりも、自信のある馬の着順がずれる事の方が可能性として高いからです。

もう一つの理由は配当です。

ワイドは馬連の3倍的中しやすいのですが、配当は3分の1以上付くことが多いです。

三連複

三連複はボーナス扱いで、買わなくても良いですし、200円300円でも充分です。

僕は買わないケースが多いですね。どうしても推したい馬がいるときにだけ買います。

ただ、三連複は5000円から20000円くらいのオッズで的中することが多いので、うまくハマれば10万円近くの配当を得ることが出来るのが魅力です。

 

最後に

今回紹介した馬券術は、攻めと守りが一体になった、回収率重視の買い方です。

実行出来る条件としては

穴から買う必要があるので、一番人気の危険度をある程度の見抜くことが出来る。

そして、人気馬が強いと判断したら躊躇なくケン出来る。

的中率は下がるので、資金管理をしっかり出来る。(無茶な投資を自重出来る)

です。

複勝でしっかり元金を回収し、ワイドでプラス確保。馬連と単勝で高配当をゲットします。三連複まで当たれば最高!

上級者向け馬券術。回収率のアップを目指してる方は是非採用してください。

くれぐれも資金管理とメンタルの平静が大切です。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。皆さんと一緒に勝てますように。

以下、よろしかったら応援してください。
◆LINEやってます。競馬の直前情報など送っています。友達募集しています。
友だち追加

◆ツイッターです。ツイッターは競馬に関係ないことも好き放題書いてます。フォロワー募集しています。

@regimagk

競馬予想のレジまぐ
競馬予想のレジまぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*