京阪杯 2017年 考察

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

レースについて

京阪杯(京都芝1200m)

ジャパンカップの日は東京競馬場が11レースまでしかなくて、京都のメインレース京阪杯が12レースで行われるため、両会場ともに重賞が最終レースになりますのでご注意。

ビッグレースの日はイベントの関係で変則になりますね。

傾向

京都の1200メートルはスピード特化の闘いになりにくいです。

スタートからの直線が長くて、登り坂のため、自然と落ち着いて行きます。

また、3コーナーからはご存知の通り下り坂です。さらには内回りのため、加速性能は必要でなく、スピードの持続力、器用さが求められることになるでしょう。

各馬評価

 セイウンコウセイ

唯一のG1馬で、強かったんです。強かったんですというのは過去形。かなり調子を崩してます。

実績から人気の一角です。が、二桁着順は続きで危険な人気馬。積極的に消していきます。

メラグラーナ

京都での好走実績が全く無い。というよりも下り坂を苦手にしている可能性が高い。スピード特化型であり京都は不向き。消す。

なら順当に

ソルヴェイグで問題ないと思う。

オパールステークスの内容も良く、ここでも通用しそう。

気になるのは逃げ馬で同型が多いということ。せりかけられると案外脆いかもしれない。

ソルヴェイグが中心であるんだけど、今回は狙ってみたい馬がいます。

アルマワイオリ

2歳の時から買ってない馬なんですけど、G1でも2着、アーリントンカップでも2着の実績もあり、前走も4着。持続力タイプの馬で京都の下り坂は合っていそう。距離短縮で新味が出ることを期待したいです。

 

 

結論

◎アルマワイオリ

○ ビップライブリー

▲ソルヴェイグ

△ヒルノデイバロー

△イッテツ

△アットザシーサイド

△ ジューヌエコール

アルマワイオリは人気薄ですが、こんな人気に甘んじている馬ではないですし、持続力勝負なら引けを取りません。ヒモも何故か人気薄になってしまいました。

ジャパンカップで資金を作って勝負します!

ソルヴェイグからの馬券も押さえで購入予定。

SNSのご案内

レジまぐでメルマガ(月額制)を発行しています。買い目はメルマガにて配信していますのでよろしければご購読お願いします。

購読は下記のボタンから
購入する!

 

ブログランキングへ参加しています。記事を読んでよかったなと思ったら協力のクリックお願いいたします。

最強競馬ブログランキングへ

 

まぐまぐで無料メルマガ発行しています。登録はワンクリック。

 

coconalaではレース単位で販売しています。

中央競馬メインレースを中心に当てます 初心者の方、予想の軸がブレる方、高額予想に懲りた方へ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*