函館2歳ステークス 2017年 予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

函館2歳ステークス

なんと17頭中15頭が前走1着というレース。

そりゃそうか。滞在で新馬戦か、未勝利戦の勝ち馬が集まってる集大成のレースなので仕方ないですね。

2歳戦はよく分からないからやらない方がいいと言う人もいますけど、配当が悪くなるわけでもないし、期待値は一緒なので頑張って予想したいと思います。

古馬の重賞とかだと、ある程度は出走馬のプロフィールが頭に入ってますけれど、さすがによく知らない馬たちなので一頭一頭見ないといけないですね。

なので木曜日から日曜日までかけて予想したいと思います。ブログの更新もぼちぼちになりますので、気に入った方はたまに見にきてくださいな。

木曜日から土曜日にかけて全頭見てみました。やっぱ難しい・・・というか「これだ!」って言う馬が見つかりませんでした。人気のカシアスが一番強い競馬をしていたと思います。

函館の1200、2歳戦と言うとどうしても逃げ馬、先行馬の中から勝ち馬が出てくると思いますが、今年は粒ぞろい(どんぐりの背比べ的な)で同型がたくさんいますから、ペースはある程度流れるんじゃないでしょうか。

そう想定するのであれば、ナンヨープランタン、リンガラポップスあたりには少し厳しい展開と読むべきでしょうか。

ダンツクレイオーが良いかなと思っていたのですが、このメンバーの中でハナにこだわる宣言をしているので、無理してしまいそう。

アリアはもうちょっと距離があったほうが良さそうです。

 

 

 



 

◎5 ベイビーキャズ

あえて前走1200メートル組以外から狙ってみます。

前走は外外を回る厳しい展開ながらも、楽な手応えで差し切り。距離は伸びてもまだ伸びそうでした。内枠に入ったこともプラスになると思いますし、先行勢が多いので展開も有利にはたらきそう。

○11 カシアス

1200組ならやっぱりこの馬が一番目に止まりました。

▲10 ダンツクレイオー

逃げが吉と出るか凶と出るか。勝ちきれるだけの力は十分にあると思います。

あとは展開次第。

△2ナンヨープランタン

△12リンガラポップス

https://regimag.jp/forecast/polarissingle

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*